ポロと旅行と寅さんと

立山連峰を夢見て2

一人旅で宿は自ずと絞られます。
私はビジネスホテルは好きではないので安い旅館か民宿をよく利用します。
できれば温泉付がよいですが自腹を切るので予算も一泊一万円以内で探します。

今回は旅行サイトのじゃらんでみつけた一泊9千円ちょいの宿ですが本当に海ぎりぎりに建っている2階建ての建物で部屋の仕切りは昔ながらの襖のみ。トイレ、風呂は共用です。これだけ聞くと??と思ってしまいますがまずは景色が凄い!海ぎりぎりなのでまるで船に乗っているみたい。窓を開ければ海のさざなみやウミネコの鳴き声がすぐそばに聞こえます。天候に恵まれれば居ながらにしてあこがれの立山連峰が見えるでしょう。食事もビジネスプランとしては良かったと思います。残念ながら寒ブリの時期は過ぎてしまっていましたが品数も多く美味しく頂きました。
夜の景色も素晴らしく、恐らくは対岸の高岡の街の明かりでしょう。うっすらと見ることができます。また月夜にも関らず星が良く見えます。新月だったら満天の星空に違いありません。
_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1492298432947.jpg
IMGP5506.jpg
IMGP5474.jpg

翌朝は快晴。海越しの立山連峰を期待しましたが宿の人いわく「今日はガスってて見えないでしょう」との事。
まあダメモトだったんですっぱり諦めて8時半に宿を出発して昨日のポイントを再訪。
IMGP5502.jpg

雨晴海岸も訪問しましたが思ったほどの場所ではありませんでした。
IMGP5538.jpg
IMGP5408.jpg

お土産に氷見うどんと「甘金丹」というカステラ生地にカスタードクリームを入れたお菓子、それにホタルイカの沖漬を買って帰途に着きました。その時は久々の晴れと桜が重なって大渋滞にはまり、自宅まで9時間もかかる事は知る由もありませんでしたが・・・。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/18(火) 01:13:23|
  2. | コメント:0

立山連峰を夢見て1

車で行くには少し遠いので冒険でしたが行って参りました富山県。
藤沢を夜の1時半に出発して圏央道→中央道→北陸道と通って仮眠なしで朝の7時前に到着。

なぜ富山を目指したかというと以前ポスターで見た「日本海越しの立山連峰」と雨晴海岸側を走る氷見線を見てみたかったという事の二つに尽きます。ところが海越しの立山連峰は地元の方でもなかなか見ることができないそうですからまず晴れていないと話になりません。事前の中期予報では曇り・・・あとは運しだいでしょう。

当日の天候は早朝は明るかったのですが時間がたつにつれ悪化の方向へ。
常願寺川に架かる橋梁を走る列車を立山連峰バックに撮影できる場所ですがほとんど見えません。北陸新幹線完成まではJR北陸本線として数々の特急列車が行き交ったのでしょうが今は第三セクターの「あいの風とやま鉄道」ですので短編成の電車が通るばかりでかつての華やかさはありません。
IMGP5640.jpg
ところが想定外の踏切の音が鳴っています。不意をついて後方からジョイント音が。
IMGP5240-001.jpg
EF510レッドサンダー牽引の貨物列車がやってきたのです!ちょっとしたサプライズ。2羽目のうさぎはきませんでしたが(笑)

天候も悪いので悪天候の場合のバックアップ企画「駅舎巡り」に行ってみることにしました。
富山はJR以外にも私鉄が多い県でそのなかでも「富山地方鉄道」は歴史のある会社線です。その駅舎のも趣のあるものが多くいくつかを巡ってみました。
IMGP5328.jpg
IMGP5335.jpg
IMGP5373.jpg
最後に富山地方鉄道立山線を立山に向かう電車をパチリ!
IMGP5359.jpg

カンテツで運転して朝食もまだでしたからおなかもへってきました。ここで計画どうり「富山ブラック」なるご当地ラーメンを食することに。「麺家いろはに行って参りました。
_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1492226371392.jpg
スープは黒々として一見醤油からそうですがそんなことはなく魚介出汁の効いた美味しいスープです。太目の麺になじんで美味しかったです。他にも白えび塩ラーメンなんていうのもあり次回のお楽しみですね。

この後疲れも出てきたので早めに宿に向かいます。氷見の『潮の美』さんという民宿にお世話になります。




  1. 2017/04/17(月) 12:08:08|
  2. | コメント:0

西伊豆で

久々に西伊豆へ出かけて来ました。
観光というよりは骨休め的な一泊二日です。

平日に2日、休みをとって昼過ぎにのんびり車で出発。天気もよく、海岸沿いをドライブしながら4時前に目的地の土肥に到着。
今宵の宿は『牧水荘土肥館』という温泉宿です。

歌人の若山牧水がかつて定宿としていた事から命名したらしいです。
歴史のある旅館ですがリノベーションされて古めかしさは感じません。私達の泊まった6Fの『夕陽』は露天風呂付次の間付の少し贅沢な間取りで食事を取る部屋もついています。ぶっちゃけ1Fの大風呂にいかなければ、この部屋から出ることなく滞在できてしまいます。部屋からの眺めも土肥の町を一望でき部屋の名のとおり夕陽もばっちり拝めます。
IMGP5219.jpg
IMGP5201.jpg
部屋付の露天風呂も十分足をのばせる広さで気持ちのよいものでした。 
20170308_175440.jpg

ですが、この宿は大風呂も外す訳にはいきません。『西伊豆一番の大きさと湯量』をうたっているとおり露天の広さはなかなかです。
2017-03-009.jpg
景色は望めませんがゴムの木の大木とかあって飽きさせません。温度も適温か少しぬるめで長湯もできます。
温まるというより肌がすべすべになります。(湯当りに注意!けっこうきます。)
食事も鮑や伊勢えびを盛り込んだ新鮮かつ美味しいもので十分満足いきました。
20170308_183229.jpg
翌日は朝風呂を満喫してから10時頃宿を出発。西伊豆の海岸線を散策しながら北上。
IMGP5234.jpg
IMGP5224.jpg
西伊豆に行くと立ち寄る『伊豆・村の駅』>で野菜やお土産を購入、名物『しいたけバーガー』なんかを食べながら伊豆中央道経由新東名で帰途につきました。
  1. 2017/03/09(木) 20:12:37|
  2. | コメント:0

曽我梅林

先日、何かの記事で御殿場線の山北駅に静態保存されているSL(D52)が地元企業や国鉄OBの支援で圧搾空気を利用し何メートルか動く様に整備し直されたという記事を見ました。

D52といえば国鉄最大最強の蒸気機関車であまりの大きさ重さ故にSL末期には北海道や元東海道線で線路の規格の高い御殿場線などでしか運用されなかった機関車と記憶しています。 ボイラーはC62なみのその巨体が何メートルかでも動くとは凄いことです。

残念ながら整備や運転を担当していた国鉄OBの方が急逝されたとかでどうも動くスケジュールなんかもはっきりしませんがとにかく車で山北駅へ。

西湘バイパスを西進して国府津から御殿場線に沿って北上していると途中あちこちに白い花をつけた木がポチポチと。
そのうち道路の左側は一面白い花が・・・・。いつのまにか曽我梅林の真ん中へ。
IMGP5170.jpg
あまりの美しさに近くのコンビ二に車を止めて梅林に入ってみます。
IMGP5169.jpg
IMGP5168.jpg
本当にうっすら赤みを帯びた白の梅花があたり一面に。稀に赤いのや真っ白な梅花も。そのずっと向こうには雪をかぶった富士山も見えてこれはすばらしいです。2月1日でしたが八部咲きくらいでしょうか。平日でしたのでお客さんもおらず気持ちよく散策できました。
その後、本来の目的地、山北駅へ。
かつては箱根越えの本線基地があった山北駅はとても単線ローカル線の駅とは思えない規模でその一角に『D52』は保存してあります。IMGP5183.jpg
近づいてみるとなるほど凄い大きさでさすがの迫力。他に人もおらず、更に近づくと動かすために10数メートル延長された
線路があり動輪やピストンは綺麗に磨かれています。又オイルの匂いもしてこれが静態でないことを物語っています。
気になったのはボイラー扉のノブや一部パーツが外れていたことですが心無いマニアの仕業でないことを祈ります。
この機関車せっかくここまで整備しながら動かすスケジューリングなんかがはっきりしていません。是非もっとアピールして梅林にも比較的近いですし、地域の観光に取り込んでいったらと思うのですが・・・。
IMGP5182.jpg
  1. 2017/02/02(木) 01:19:43|
  2. | コメント:0

大井川彷徨

最近、写真が少し煮詰まってきていて何をしてもすっきりしません。美しい景色、かっこいいSLや列車をと考えますがなんか頭打ちな感じがしてモチベーションが少し下向きな感じです。

まあ、理屈も大切ですが下手な鉄砲数うちゃ当たる。考えてばかりいてもしょうがないので、大井川鉄道を再訪してみることにしました。磐越西線ほど絵になるポイントは少ないように思いますが以前撮った場所でも違ったアングルでチャレンジしてみました。
新東名で大井川にむかいましたが途中の駿河湾沼津SCからの景色が絶景!
IMGP4863.jpg
IMGP4999.jpg
IMGP5088.jpg

それと新金谷の大井川鉄道の廃車体と近場の天浜線の文化財指定の駅舎も新たな試みとして撮影してみる事に。
IMGP5032.jpg
IMGP5035.jpg
IMGP5019.jpg
IMGP5025.jpg
まあ、紆余曲折。色々やってみよう!

  1. 2017/01/22(日) 00:45:28|
  2. | コメント:0
次のページ

プロフィール

KEISUKE K

Author:KEISUKE K
温泉や美味しいものを絡めた国内旅行が大好きです。
これまた大好きな鉄道や愛車ポロGTIで暇をみつけてはそんな土地土地を巡っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

旅 (36)
宿 (0)
鉄 (20)
寅さん (6)
車 (10)
未分類 (5)
模型 (14)
ミリタリー (3)
鉄道 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR