ポロと旅行と寅さんと

秋来る

秋の信州へ行ってきました。
小海線沿線での撮影をしながら宿泊予定の佐久まで一般道を北上しました。出発時には豪雨でしたが双葉ICから降りた時にはなんとか曇時々霧雨くらいにまで回復。まずは昨年雪の中のロケハンで見つけておいたポイントで。
IMGP7595.jpg
次は小海線の有名ポイントを偶然発見したのでパチリ!
IMGP7627.jpg
天候は相変わらずスッキリしなく今日はこんな感じで終わりそうですのでちょっと観光。
小海線の駅に龍岡城という駅がありますがその龍岡城に行ってきました。北海道の五稜郭は有名ですが実はもう一つ日本に五稜郭があります。それがここ龍岡城です。北海道の五稜郭と比べると規模はかなり小さくかつ上から見渡す場所もないのでパッと見分かりづらいです。ドローンを持ってきたのですが生憎電池が切れてて・・
IMGP7811.jpg
その後、比較的近くの上田交通別所線におじゃましました。
IMGP7672.jpg
IMGP7718.jpg
その日の宿は国民宿舎もちづき荘。久々の国民宿舎でしたがここがなかなか良いところでした。
建物も施設も小綺麗にしてありますがオールドファッションです。私が泊まった部屋は北側でバストイレは共用、布団はセルフでした。しかしながら温泉で掛流し、ごはんも美味しくてボリュームたっぷり!これで7千円ちょいならOKです。
リピーターの方も多いようでこの日も3連休の中日ということもあるでしょうが満室のようでした。温泉は2か所あって男女別に宿泊者専用と日帰り客と共用に分かれていました。
私は宿泊者専用しかいってませんがあまり広いとはいえないので繁忙時は避けたほうがよいのでは。ヌルっとした感じの肌触りの少し変わった感覚です。

翌日天気も回復したので以前写真で見た嬬恋パノラマラインの景色が見たくなって車を走らせました。
宿のある佐久の望月から約1時間半と福島などから比べれば比較的近い距離で浅間山を一望できる農道に到着です。
朝の9時前後に到着すると朝どりのレタスをすでに収穫してパッケージングしたものを集積所に集めています。それを回収に来た10トン積みの大きなトラックも並んでこれから関東圏などに出荷して下手すると夕方には店頭に「朝採れ」として付加価値がつけられて並ぶはずです。
それにしてもここの景色は圧巻です。北海道もかくやというような景色が続きます。私は一部ルートを走っただけで南側にルートの続きがあるようなので次回こそは。
IMGP7740.jpg
IMGP7725.jpg
IMGP7730.jpg
この後、昨日雨だったポイントで(本来なら浅間山がはいるはずですが・・山の方は曇り)
IMGP7789.jpg
是非、快晴の日にリベンジしてみたいものです。

スポンサーサイト
  1. 2017/10/08(日) 18:51:59|
  2. | コメント:0

散々・・・・の車で初山形

ここのところ日本海づいているんですが、そうは言ってもSLも拝みたい。そんな事で連休を利用してSLと日本海のダブルヘッダーを狙って旅に出ました。

いつものように仕事が終わってから夜のうちに家を出発、喜多方の朝ラーまでは一緒ですが今回の最終目的地は山形なので一気に鹿瀬の深戸橋梁までいって煙モクモクの真正面から。この日は暑かったにも拘らずかなりの煙で大満足!スタートから快調と思いきやここからつまずきの第一歩が始まっていました。
IMGP7269.jpg
IMGP7340.jpg
IMGP7355.jpg
鹿瀬から山形県の南鳥海までは約2時間はかかりますので直ぐに出発。天気も良いので気持ちよく小一時間ほどドライブし村上市あたりのコンビニでおにぎりとお茶を買って少し荷物を整理しようとして!? 三脚がっ!・・・無い!!
そうです。深戸で乗せ忘れてしまっていたんです。それからとりに戻りました。(泣)往復160Km。
おかげで南鳥海の下見はできず、宿にも遅れて到着してご迷惑をかけてしまいました。
20170912-073043.jpg

それでも翌日は名誉挽回とばかりに7時半に宿を出て南鳥海に向かいましたが予報では晴れなんですが鳥海山方面は真っ黒な雲の中でまったく拝む事が出来ません。天候の回復が望めそうもないので潔くあきらめ天候の良かった日本海沿いの笹川流れ近辺を狙う事に。
IMGP7456.jpg
IMGP7506.jpg
奥羽本線は北陸本線と違って景色は良いんですが鉄道を絡めようとすると良い場所が少ない感じです。
それでも2か所ほど場所を見つけて撮影しました。この時昼の3時。今から新潟へ戻ればSLの夜汽車の撮影ができそうです。
時間もぎりぎりなので慌てて荷物をまとめて出発。

昨日三脚を忘れて2往復した新潟への道を走って夕方の5時半位には新潟は馬下の撮影ポイントに到着。辺りは夕暮れで美しい田園風景が広がります。

撮影場所に移動するため機材を持って時間の確認の為にスマホを・・・・・???あれっ!スマホが無いっ!
車中探しましたがどこにもないっ。  ということは・・この前に使ったのは・・笹川流れ。げっやってもうた!
もう撮影どころではありません。笹川流れまで約100km!戻って確認しましたが何処にもありませんでした。

翌日、ドコモにいきましたとさ。こんな事があるとせっかくの旅行が台無しです。皆さんもお気をつけて。
20170911193009_p.jpg




  1. 2017/09/11(月) 13:45:59|
  2. | コメント:0

夏を惜しんで・・

忙しかった盆期間が終わったので旅をしてきました。
東京では20日近くの長雨が終わったかと思うともういきなり秋っぽくなってきた感じで終わろうとしている夏を追いかけて米山から見える日本海と弥彦近辺の田園風景をイメージして出掛けてきました。

朝靄の星峠の棚田を狙って会社から帰って深夜1時に藤沢を車で出発。圏央道から関越道に入り六日町ICで降りR353経由で星峠へ。のんびり走りすぎたせいか明方に間に合わず。しかし朝から雨を覚悟してきたんですが意外に晴れてるからよし!
こちらも駐車場やトイレがきちんと完備。見晴らし台も整備されています。
IMGP6945-001.jpg

続いて田園と茅葺の屋根を目指し車で30分くらいの所にあるじょんのびの里高柳へ。
IMGP6960-001.jpg
次いでいよいよ米山(日本海)へ。
ここではドローンでの撮影もトライしてみました。
IMGP7031-001.jpg
20170823-185053.jpg

近くのフッシャーマンズケープという施設で名物らしい鯛茶漬けを頂きましたがここのはイマイチ。

その後天気が意外と良かったので明日の予定だった弥彦山麓の夏井にあるはさ木保存地区へ。
はさ木とは田圃で刈り取った稲穂を干す際に使った畦道に植えられた木の事で昨今は機械化が進んで見られなくなった日本の原風景が保存されているのが夏井の保存地区らしいのです。一面の田園だけでも凄いのにはさ木があると何か欧風?な感じでいい感じ。こちらもパーキングが10台位ありました。トイレもあり。
IMGP7116-001.jpg

一睡もせず1日動き回ってクタクタですし汗もかきました。今宵の宿は温泉ではないので、柏崎にある日帰り温泉施設のソルトスパ潮風さんでしっぽり。すっきりしたところで東柏崎駅前の宿末広旅館さんへ。
こちらの宿にお願いした理由は食事を始め、相対的に評価が高かったからですが結論は良かったです。

景色が良いわけでもなく温泉でもありませんがまず朝晩食事が美味しい。ここは割烹旅館と銘打っていますが夜は肉付きの良い焼いた鯛が一匹しかも良い焼き加減で提供され他にもお刺身や肉豆腐なんかもあってボリューミーです。そしてやはり新潟ですんでお米も美味しいです。(こちらの宿の1Fには小料理屋が併設されています。)

お部屋や施設も小綺麗で気持ちが良いですしお風呂も24時間入浴できる2~3人位は入れる大きさでこの日は貸し切りでした。
トイレ・バスは共用、布団の上げ下げもセルフですがこれで8千円でお釣りが来ますのでめっちゃコスパ高いと思います。
(パーキングも直ぐのところに4~5台あり)

翌日は信越本線に沿って北上して小千谷ICから関越道へ。平日でしたので約4時間で自宅へ戻る事が出来ました。


  1. 2017/08/23(水) 21:06:04|
  2. | コメント:0

大畑と嘉例川

前回、ご紹介した九州旅行で印象深かった九州の駅舎をズームアップします。
何しろ家族旅行ですので1人旅と違ってあんまりディープに追っかけられません。
それでも嘉例川駅と大畑駅はなんとか計画的にねじ込んで訪問してきました。
先ずは嘉例川駅
IMGP6811_(2)_convert_20170730100431.jpg
IMGP6795_convert_20170730095851.jpg
IMGP6796_convert_20170730095915.jpg
IMGP6800_(2)_convert_20170730100045.jpg
偶然ですが下り普通のキハがやってきました。取材のTV局の方と地元の乗客が2名。
IMGP6809_(2)_convert_20170730100230.jpg
IMGP6804_(2)_convert_20170730100141.jpg
IMGP6799_(2)_convert_20170730100017.jpg
ちゃんと分煙(笑)
IMGP6810_convert_20170730100329.jpg
近くの花にはこっちじゃ見かけない綺麗な蝶がいっぱい。
IMGP6813_convert_20170730100458.jpg

続いて大畑駅
IMGP6832_convert_20170730094406.jpg
IMGP6839_convert_20170730094609.jpg
市街地からも離れた山中にひっそりと佇む大畑駅
IMGP6834_convert_20170730094525.jpg
小さな神社がいくつかあり肥薩峠がいかに難所だったかが想像できます。
IMGP6840_convert_20170730094636.jpg
IMGP6836_convert_20170730104606.jpg
IMGP6838_convert_20170730104955.jpg
かつては乗客や乗員が煤で汚れた顔を洗ったのでは・・
IMGP6844_convert_20170730104811.jpg
実は両駅とも以前「はやとの風」や「いさぶろうしんぺい号」で訪れたことがありますがなにしろ停車時間が短い為ゆっくりとは拝見できませんでした。今回は車ですのでその辺はゆっくりと。

昔から思ってたんですが、肥薩線の沿線って駅舎や関連施設も含めて何か独特の雰囲気というか空気感があるように思います。
駅舎に関しても何か神々しさみたいなものを感じてしまうような・・
しかも明治時代からSLが日々峠越えをしていたことを考えるとなかなか感慨深いものがあります。いつかは一人で。

  1. 2017/07/30(日) 10:12:40|
  2. | コメント:0

夏休み-鹿児島~長崎

4日間の休みを利用して、九州に行って参りました。風光明媚で美味しい物や名湯も多く数々の歴史に彩られた九州は大好きでもう何度も訪れていましたがここのところの地震や噴火それに天災で少し足が遠のいていました。3年ぶりの訪問です。 今回は鹿児島から入って長崎までを3泊4日で北上するプランにしました。韓国岳を訪れましたがガスの発生で登山道が閉鎖されていましたので霧島神宮を訪問。何しろ暑いので早めに天降川温泉(あもりがわおんせん)華耀亭さんへ。 20170726_081027.jpg 渓流に沿った殆ど一軒宿といってもよい温泉で、雰囲気が九州らしくなく?栃木県の塩原温泉のような雰囲気をもっています。渓流に面した露天風呂はとても雰囲気があって掛け流しでかつ飲泉もできます。近くの霧島温泉のような眺望は望めませんが食事も美味しくお勧めの宿です。翌日は少し戻って鹿児島県福山町にある黒酢の醸造元「坂元醸造」さんで壺畑の見学と昼食を. 20170725_125904.jpg 桜島をバックに整然と並んだ黒酢の醸造壺を見る事ができ、黒酢をふんだんに使った中華料理を頂く事もできます。おすすめは酸辣湯麺。その後、霧島神宮に参拝してから鉄分補給の為大畑駅へ。 IMGP6837.jpg IMGP6833.jpg 九州道を経由して熊本港から島原外港に渡り雲仙温泉「ゆやど雲仙新湯」さんへ。
こちらの宿は雲仙地獄からは少し離れていますが独自の源泉を4つも持っていてそれぞれを楽しむ事ができます。私達が宿泊したのは部屋に掛流しの温泉がついた1Fにある「月庭」という庭園に面した部屋で少し窮屈な感じもありますがとても寛げる部屋でした。食事は食事処で頂くスタイルでとても美味しく頂きました。大浴場も掛流しで24H入浴できこちらもお勧めです。 IMGP6849.jpg

翌日は仁田峠から島原の街に戻って市内に豊富に湧出する湧水を愛でてから海沿いを走って通称ギロチンロードを通って長崎市街へ。 IMGP6857.jpg IMGP6874.jpg IMGP6890.jpg

中華街でお約束の長崎皿うどんを頂いてから最終宿泊地の「ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート」さんへ。同じ長崎でも稲佐山側の山腹に位置して長崎の市街を反対側から長崎港越しに眺める事ができます。斜面にホテルの建物が点在しており移動にはカートを使って移動する少し変わったスタイルになっています。夜食はないプランだったのですが食事処で頂く朝食は和食、洋食、エッグベネディクトの3種から選べとても美味しかったですしお部屋もこじゃれていてゆったりできました。命の洗濯も終わったし明日から仕事・・・がんばれるかしら? IMGP6914.jpg
  1. 2017/07/29(土) 11:48:35|
  2. | コメント:0
次のページ

プロフィール

KEISUKE K

Author:KEISUKE K
温泉や美味しいものを絡めた国内旅行が大好きです。
これまた大好きな鉄道や愛車ポロGTIで暇をみつけてはそんな土地土地を巡っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

旅 (44)
鉄 (21)
寅さん (6)
未分類 (19)
模型 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR