FC2ブログ

ポロと旅行と寅さんと

パンサー完成(としておこう・・・)

今日は模型日和。停滞していたパンサーを仕上げ?ました。
どうもチッピングやる気合が失せてしまったので鉛筆で角を擦って無理やり完成とします!(かってに宣言)
20151122_221116_convert_20151123000153.jpg
20151122_221745_convert_20151123000348.jpg
ドラゴンにはフィギュアが全くついていないのでミニアートというメーカーのジャーマンタンククルーというキットを通販で取り寄せ乗せてみました。意外と戦車に普通に乗ってる戦車兵のフィギュアって無いもんであっても品切れが多いです。

今回イメージとして別々に、G型は戦闘中、D型は移動中みたいな感じにしたいんですがなかなかいいのが無いね・・
真っ白な戦車兵、D型に付属のワイヤーが使いこなせなくてつけていない牽引ロープ、シェルツェン架の扱いとか課題を残してますがこれは追って追加工作の予定です・・・・(ホントか?)

それと以前買ってしまったホルヒも途中まで進んでますので中間報告します。
作っていて改めて知ったのですがホルヒって4輪独立懸架、4輪操舵なんですね。いわゆる4WSですな。昔プレリュードやマツダ車なんかにもついたことあるけど70年前に軍用車両に標準装備しちゃうドイツってすごいなあ。しかしこんなのつけてると生産性悪いんじゃないかしら。まあそこがドイツビークルの魅力でもありますが。
20151122_222121.jpg

そのままじゃつまんないので操舵したところを再現しました。(といっても車輪曲げて無理やりくっつけただけ)調べたらどうも前輪と同じ角度に逆位相にきれるようなのでそのように。

ホルヒのドライバーは武装SSなのでカモフラスモック塗ることになりそう。組み合わせられる今は絶版のタミヤの武装親衛隊歩兵セットも見つけて買っちゃたので全部で5人も・・・これもキャタピラ同様ある意味地獄だ。


スポンサーサイト



  1. 2015/11/22(日) 23:57:08|
  2. 模型
  3. | コメント:0

どこまで?

MYブームプラモ。なんかブログタイトルと全然関係なくなっちゃってるけどまあよし。
引き続き、パンサーの詰めを。

マーキングと備品関係の塗装、D型はキューポラ回りに4号戦車で余っていたタミヤのコーティングシートを巻きつけて再塗装してみました。マーキングや備品については細かい考証は抜き!楽しんで作ってます。

そのままだとなんとなくおもちゃっぽいのでエナメルの墨入れ用塗料をエアブラシで吹き付けてみました。
03 - 4
03 - 2
03 - 3
このあと最近流行らしいチッピング?やこすれた部分なんかの金属表現、錆びとか雨だれ表現なんかにも挑戦!
どこが終わりなのか??

P.S
行きつけの模型店でこんなの見つけて買ってしまった・・・・
03 - 1
昔々作ったなあ。色なんか塗らなかったけど。かっこいいなと思ってたソフトスキンです。
  1. 2015/11/03(火) 00:54:03|
  2. 模型
  3. | コメント:0

地獄からの脱出

火がついたプラモのMYブーム。しばらくは止まりそうにありません。
今日も天気もいいのに朝からプラモの作成です。

キャタピラ地獄に陥っていたパンサー戦車の作業を進めます。
まず様子見の為に模型に取り付けていたキャタピラを一度外して黒で塗装し、車体もキャタピラ装着すると塗りにくそうな場所を塗っておきました。キャタピラの長さを現物合わせで調整してから再度取り付けます。

ここで問題!キャタピラの向きってどっち向き?4号戦車系は過去何度も作っていますので調べたことありますしわかり易いんですがパンサーについては大昔、タミヤの初代つくったきりですからよく分かりません。
手持ちの写真集なんか見るとどっちも存在してるみたい。迷いましたが起動輪の穴が前から見た時に台形になるよう装着しました。

工具類もまず面相筆使ってブラックで下塗り塗装実施。
あとはタミヤの墨入れエナメル塗料で車体全体のスミイレを実施。暗い部分はブラック、明るい部分はブラウンでとそれなりに拘ってみました(笑) 

1日は短い・・あれこれ悩みながらやっているとあっという間にこんな時間に。このあと工具類の本塗装、ドライブラシなんかに進みたいですが今日はここまで。
20151025_231212_convert_20151025233426.jpg20151025_231139_convert_20151025233327.jpg

車体番号とかどうしよう・・・

P.S
大戦中のドイツ戦車の写真を見ると後部排気管なんかにバケツをひっかけているのをよく目にしたのでこれも再現しようとこんな懐かしのキット買っちゃいました。バケツ以外今の世代では使えなさそう・・バケツがついているアクセサリーキットって意外と無いんです。
20151025_231252_convert_20151025233539.jpg



  1. 2015/10/26(月) 00:17:27|
  2. 模型
  3. | コメント:0

キャタピラ地獄

休日だった今日は久々に家から一歩も出ずに停滞していた模型作成に勤しみました。

実は前回の35(t)戦車やRSO牽引車の後に3個も通販やら模型屋やらでミリタリー物を購入して仕掛かっていたのですがキャタピラを可動式の別売のものをつけようとてにいれたもののこれが大変な事になっていたんです。

しかかっていた戦車とはドラゴン模型のパンサーD型ツメリットコーティングと同じくパンサーG型ツメリットコーティングの2種でした。

なぜ同じパンサーが2台か?ノルマンディのパンサーD型が作りたくて探していたんですがクルスクの登場時ばっかりでしたんであきらめて通販でみつけたG型を購入(ドラゴンのG型も品薄状態)した直後に偶然立ち寄った行きつけの模型店でノルマンディーに使えるD型見つけちゃったとこういう訳です。

双方ともドイツ戦車模型作成の鬼門ツメリットコーティングが既に表現されているというのも購入にいたった大きな理由です。

それと、ご存知の通りパンサー戦車の模型の肝のひとつはあのナダラカナキャタピラの弛み具合をうまく表現できるか否かもポイントだと思っています。最初から可動式のキャタピラを採用する予定でしたがなんと2台分になってしまいました。おまけにD型とG型ではキャタピラのデザインが違うらしいしドイツ戦車のキャタピラは品薄なんですね~。

なんとか手に入れたのはブロンコモデルのD型可動式とKAIZENのG型用可動式の2つでした。
ブロンコは爪が一体式で切り取ってはめ込むタイプなのでまだいいんですが、KAIZENはキャタピラ本体と爪が別パーツ、しかも真鍮線をカットして一つずつ差し込んでいくタイプなんで大変です。しかもランナーから爪を切り取るとききれいに切り離さないと本体にうまく接着できないんです。

これはもう精神修行みたいなもんです。ひたすら戦車2台分のキャタピラを切っては組み、切っては組み・・・・・・・・

それとその間元々、キットに付いていたドラゴン自慢の新素材キャタピラを仮に装着しておいたらなんとどちらもヒビが入ってちぎれてしまいました。なんじゃこりゃ。みなさんは大丈夫?もう1台やはりドラゴンの4号戦車H型が出番待ちなんですがこれも同じ素材みたいですが大丈夫なんでしょうか? 可動式にしたらまた修行じゃあっつ。20151019_011727.jpg

20151018_171912.jpg
それでも足掛け1週間ほどかけてようやくキャタピラ組み立て終わりました。
いざ組み付けの段になるとブロンコは簡単にブチブチ外れます。KAIZENは向きを気をつけないと真鍮線がスルッと抜け落ちてキャタピラが外れます。

そうしてひとまずここまで。疲れた~っ。
20151018_230014.jpg

P.S
ドラゴンの 新素材キャタピラは問題ですね。このまま改善されないと私のような一般のお客さんから見放されちゃいますよ。
田宮さんもっとがんばれっ!!
  1. 2015/10/19(月) 01:10:28|
  2. 模型
  3. | コメント:2

家でのんびり

休日の今日は家から一歩も出ず、ほったらかしになっていたプラモやキットモデルガンの製作を進めることにしました。
どうせ帰省Uターンやなんかで出かけたってろくな事はないでしょう。

まずは私としては身の程知らずなドラゴンの8tハーフと同じく88mm砲。2ついっぺんに購入して製作してました。
この8tハーフと88mmは以前小学生のころタミヤ製のキットを父と二人で作った思い出があります。

親父が8tハーフ、私が88mmを作り、完成後連結する予定でしたが作ってすぐにリンバーと砲を止めるビスを私が無くしてしまって牽引姿勢はできずじまいだったのを覚えています。ですので今回はドラゴンから双方のキットがでていましたので是非とも牽引姿勢を作りたかったわけです。

キットは流石に約40年前のタミヤに比べるとドラゴンは精密に出来ていますが、説明書がわかりにくいのと模型としての全体的な強度不足を感じました。特に8tハーフのボディは強度が弱くて反り返ってしまい作成に苦労しました。

それとフィギュアが1人もついてないんです。88mmは牽引状態にするつもりなのでいいんですが、8tハーフはせめてドライバーくらいついてると良かったと思います。

それとエッッチングは切り取り、接着が面倒なので私は殆ど使用しません。あまりエッチングが多いのもどうなんでしょう?効果的に使うのはいいと思いますが基本はプラモデルですからねえ~、高くなるし。

文句ばっかり書きましたが出来上がるといいです!
フィギュアはしょうがないのでマスターボックス製を調達して乗せましたが砲兵として設定が変?

ソフトスキンは難しいっ!塗る部分も多いしフィギュアとのからみがあるのでフィギュアの塗装も平行してやんなきゃいけない。ウィンドウの透明パーツの扱いとか・・・
IMGP3096_convert_20150816233340.jpg

  1. 2015/08/16(日) 23:38:46|
  2. 模型
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

KEISUKE K

Author:KEISUKE K
温泉や美味しいものを絡めた国内旅行が大好きです。
これまた大好きな鉄道や愛車ポロGTIで暇をみつけてはそんな土地土地を巡っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

旅 (63)
鉄 (34)
寅さん (8)
未分類 (25)
模型 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR