ポロと旅行と寅さんと

アカセン

今日、住まいのある藤沢の駅の側を歩いていてかつて藤沢駅の側にあったらしい『赤線』に触れた記事の事を思い出しました。
調度、側を通りかかったのでその入り口らしき通りに入ってみる事にしました。
20151227_125036.jpg
20151227_125110.jpg
今はもう営業していないようですがかつては多くの人々が出入りしていたのでしょう。なんとなくそこだけが時間の止まったような一種変わった空気がありました。
奥には恐らく赤線のあった場所には高層マンションが何件も建ちこういった過去の遺物も程無く姿を消すのでしょうがこれも文化なんですよね。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 20:16:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

クリスマスの雰囲気を・・・

今日はここ3年ほど恒例となりつつある『夫婦でクリスマス』を実施しました。
『夫婦でクリスマス』行事とはたまには夫婦でクリスマスらしい雰囲気を味わいに行こうというまあなんてことはない行事です・・
ここ2年は銀座近辺で遅めのランチを取ってから、ネオンが輝きだした華やかな銀座の街の空気を感じながらそぞろ歩くっていうのがスタイルになってます。

まずは遅めのランチでここのところ結構手広くやっているポールボギューズの銀座店でランチする事としました。1人5000円のクリスマスランチで前菜、メイン(魚か肉の選択)、デザート、コーヒーの組み合わせです。13:30から予約してから伺いました。
やはり日曜なのでそれなりに混んでいますので予約したのは正解でした。すぐに席に案内され私は肉、かみさんは魚を選択しました。
1450585485600.jpg
1450588401229.jpg
まず小ぶりなフランスパンがオリーブオイルと共にサーブされましたがこのフランスパンは結構美味しい。
この後、サーモンのマリネと野菜のゼリー寄せとメイン(魚-真鯛と海老のパイ包み焼き、肉-ランプ肉のロースト)と続きましたがどれもいまいちパッとしないしボリュームもなさすぎ。美味しいけどこの程度?って感じ。
更にデザートへと行きますがこの『チョコレートのエクレアベルベーヌのアイスクリームを添えて』がやたら美味しい!!最初と最後だけ美味しかったというキセルみたいなランチでした。もう二度といかないでしょう・・・。

この後、少し時間が早かったのと少し流れを変えてみようということで、六本木のミッドタウンのイルミを見に行こうということになりメトロで。ところが行ってみると警備がかなりの厳戒態勢を整えつつある感じでどうやら相当の混雑が見込まれているようです。私たちが到着してからも周辺にあるメトロの3つの駅からは次々とギャラリーらしき人達が降り立って混み始めています。

嫌な予感がしたのでミッドタウンは諦め、丸の内に戻り例年とおりの有楽町から東京までをのんびり歩くことにしました。
こちらも例年より人ではありましたがミッドタウンほどではありません。最後はKITTEでクリスマスツリーを見て家路につきました。
20151220_175613.jpg
20151220_175225.jpg
20151220_180941.jpg
昼食がものたりなかった私達は藤沢駅で立ち食いそばを食べました。おしまい。
  1. 2015/12/20(日) 21:23:43|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

玉子の湯2

喜多方の町にはかなり昔(多分10年位前)に電車で来たことがありますが記憶は殆どありません。

水曜なので休みのところが多いんですが金忠という喫茶店が併設された味噌やさんに入ってみることにしました。
昔ながらの蔵や建物を利用して中身は和モダンに作り変えていていい感じのお店です。喫茶で食べた味噌ソフトクリームが意外と美味しくてびっくり。ちょっとキャラメルっぽい感じに仕上げてますがしっかり味噌の風味も活きています。おみやに味噌と野菜の味噌漬を購入しました。
20151216_123205.jpg
1450235314014.jpg

時間もちょうど良いのでいよいよ玉子湯さんへ。約1時間ちょっとで到着。
20151217_095043.jpg
12月というのに暖冬で途中雪や凍結の心配はまったくありませんでした。硫黄の匂いの漂う中フロントのある4Fから4階下がった1Fの106号室に。後でわかったのですが、ここは玉子温泉の売りである庭園の温泉にもっともアクセスしやすい部屋なんです。仲居さんに聞くと今日は空いているとの事。
因みに温泉は館内に2箇所(4Fと1F)、1Fの庭園に室内2箇所(内1箇所は女子専用)、露天1箇所となりいずれも男女別となります。洗い場は館内の内風呂にしかありません。

こちらの一番の売りは1F庭園にある玉子の湯小屋みたいで高湯温泉発祥の源泉でもあるみたいです。
1Fの裏手にある出口から歩いてすぐです。裏手には何かあったときのために下足番のおじさんが1人常駐しています。(いないときもあり)お年寄りには安心ではないでしょうか。
20151216_153611.jpg
20151216_153633.jpg
20151217_081204.jpg
小屋に入ると5~6人はいればいっぱいになる位の湯船に白濁した硫黄泉が掛け流されています。何か小さな温泉街の地元の人用の外湯のような風情を醸し出しています。私は水曜平日の好いている時間に行ったので終始貸切状態で寛げました。

露天はもっと広いですが部屋からは少し遠くなります。雪見風呂なども楽しそうですが往復が寒そう。
20151217_081854.jpg
20151217_081842.jpg
内風呂はやはり掛け流しで24時間入浴可です。こちらもさほど広いとは言えませんから空いている時間を上手く見つけて入るといいと思います。こちらでは洗い場があります。
20151217_032216(0).jpg
こちらの温泉は完全に男女別(女子専用の小屋もあり)になっていますので混浴が駄目な方にも安心です。
食事ですがあまり期待していなかったんですが部屋出しで量も質もなかなかのものでした。美味しく完食しました。
従業員の対応も良く施設も新しくはありませんが綺麗に清掃が行き届いている感じで好印象でした。
話に聞くと蔵王や白布と並び称せられる東北の名湯だそうですが失礼ながら全く知りませんでした。
SLの撮影の帰りに偶然知った温泉でしたがもっと知られていてもいい温泉だと思います。
機会を見つけて又伺いたいと思います。
20151216_185340-001.jpg
  1. 2015/12/17(木) 23:55:39|
  2. | コメント:0

玉子の湯1

仕事柄、年末年始は多忙でしかも大晦日も元旦も仕事です。その前にエネルギー充填の為?温泉に行く事にしました。
かねてからSLの撮影で足を運んでいた福島に高湯温泉という東北では蔵王、白布と並び称される硫黄泉があることを知り行ってみたいと思っていました。

高湯温泉は裏磐梯から福島へ抜ける県道70号線の途中に位置しています。何軒かの温泉宿がありますが高湯温泉発祥の宿らしい玉子の湯にお世話になることとしました。

東京の混雑を避けかつ喜多方で恒例の朝ラーする為、藤沢を5:30に車で出発。10時過ぎに喜多方に到着。
今回は食堂なまえという変わった名前の食堂を選択。いままでと違い市役所よりも駅に近い立地でしたので市役所近くの観光Pに駐車して歩きました。10分ほど歩いて病院の前に名前食堂はありました。Pも4台位はありましたが狭いです。
20151216_112712.jpg
中はテーブル席が15人分位しかない狭い食堂です。今までの喜多方のラーメン店の中で一番狭い!なんとか2人分は席が有りましたので早速注文。ラーメンの他にもうどんやらなんやらメニューがあります。いつものチャーシューメンの大盛をオーダー。ここは麺が普通と極太麺を選ぶことが出来るので横にいた常連のおやじさんが勧めてくれた極太麺を頼みます。5分もするとやって来ました。
1450232056708.jpg
醤油味の太目のシコシコ麺にあっさりチャーシューの乗ったいかにも喜多方ラーメンといった見た目で食べてみるとスープもあっさり。前回のまこと食堂と似た味でやはり若干塩辛い感じ。まことよりは辛くないけど。普通にうまい。でもやっぱりあべが一番か・・。
朝ラー終えて近くにあった三万石の直営店でママドールをおみやに。

この後、今宵の宿である玉子の湯さんへ。
11月の中旬までは喜多方から裏磐梯を抜けて、日本の道100選に選ばれた磐梯吾妻スカイラインを通って高湯温泉に来れるのですが冬季は閉鎖されるので一度福島に戻ってから再度山登りする形になります。

あれれっ!?まだ11時すぎじゃん。 今から高湯温泉に行くと12時半位には着いてしまいちょっと早すぎます。
折角ですから観光Pのおばちゃんに勧められるまま喜多方旧市外の街を少し散策してみることにしました。
  1. 2015/12/17(木) 20:54:45|
  2. | コメント:0

諏訪湖畔にて

快晴だった今日は写真撮影の新たな試みとしてSLばかりに拘らず、風景としての鉄道写真に挑戦してみる事にしました。
場所はそれほど遠くなくそれでいて風光明媚な非電化区間の小海線を選びました。

例によって圏央道を利用すれば小淵沢I.Cまで2時間弱で着いてしまいます。
8時に藤沢出発。9時40分位には小淵沢に到着して撮影ポイントの大カーブに。
小淵沢の駅から出発した小海線の線路の築堤が甲斐駒ケ岳をバックに大きくカーブを描きすばらしい景色です。

少しすると9:57小淵沢発下りの列車がやってきました。
IMGP0471_convert_20151212101304.jpg
そしてしばらく待てば10:21甲斐小泉発の上りも。
IMGP0465_convert_20151212101223.jpg
朝日を浴びた甲斐駒ケ岳を背に大築堤をのんびりとキハが行く風景は本当にすばらしいものでした。
大げさかもしれませんが、今後の鉄道撮影の新たな方向性が開けてきたような気もしました。

今日のところは深追いはせずこの後、諏訪湖温泉ホテルべにやで立ち寄り湯をしました。
ここが14階に温泉があるので景色が最高!タオル付で1600円と少し高い気もしますがおかげで空いていて貸切でした。
20151209_115741-001.jpg
20151209_120005.jpg
諏訪湖も改めて見ると美しい湖でした。いつもサービスエリアから見るだけだったんで見直しました。
IMGP0520_convert_20151212101337.jpg
帰りも13時に諏訪湖I.Cをでて15時半には藤沢の家につく事が出来ました。
これから新たな展開が始まりそうです。
  1. 2015/12/09(水) 22:50:57|
  2. | コメント:0

プロフィール

KEISUKE K

Author:KEISUKE K
温泉や美味しいものを絡めた国内旅行が大好きです。
これまた大好きな鉄道や愛車ポロGTIで暇をみつけてはそんな土地土地を巡っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

旅 (43)
鉄 (21)
寅さん (6)
未分類 (19)
模型 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR