FC2ブログ

ポロと旅行と寅さんと

乗鞍高原へ

写真を始めて自然の風景にも目を向けるようになってきましたので平日の休みを利用して乗鞍高原に一泊して出掛けてきました。

ところが出掛ける2日間は生憎の雨の予報。乗鞍高原は白骨に似た白濁した温泉が有名で宿を予約する時もこの点を留意しましたので最悪は温泉三昧かなとも思っていましたが初日についてはなんとか曇りで頑張ってくれました。そこでまずは久々に定番の松本城へ。
IMGP2049.jpg
お堀に映りこんだ天守閣がとても綺麗に見えました。
IMGP2048.jpg

この後食事の為、明科の風ゆら(かざゆら)という安曇野で採れた旬の素材を活かした手づくりの家庭料理を売りにしているレストランでランチを。ここのメニューはランチ1種のみでそれにコーヒーかデザートを付けるか付けないかだけのシンプルなもの。皿数は多く味付けも家庭的な比較的薄味な感じで私は美味しく頂けました。梓川(あずさがわ)も一望できる立地も良かったです。

その後、いよいよ乗鞍へ。事前に写真撮影しようと決めていた一之瀬地区のまいめの池へ。生憎の天候でしたがそれでも水芭蕉が咲き始めていました。
IMGP2056.jpg
IMGP2060.jpg

宿はペンションスタイルの『ポエティカル』に予約をいれていました。ペンションは過去に失敗した経験が多く避けたかったのですが乗鞍の宿泊施設はペンションスタイルが圧倒的に多く、正直やむを得ずこちらにお願いしたのですがこれが嬉しい誤算。

温泉良し!白濁した温泉を貸しきりスタイルで満喫できます。食事も良し!奥さんが料理上手でこの日は洋食のコースでしたがこれが美味しいしボリュームもたっぷり!特に和牛の頬肉の煮込みは一品でした!他にも中華や和食のコースもレパートリーにあって希望があれば事前に言ってくれれば対応出来るときはしてくれるとの事でした。これで\12000/1人なら納得。又訪れることをオーナーと約束して宿をあとにしました。
20160427_163644.jpg
20160428_074011.jpg
20160428_100332.jpg

この次は緑の芽吹いた6月頃に星空目当てに再度逗留しようと思っています。天気ばかりはねえ・・・・・


スポンサーサイト



  1. 2016/04/28(木) 21:08:52|
  2. | コメント:0

桜 再び

関東では桜もすっかり散って吹く風もどこか暖かく感じられるこの頃です。
そして春といえば鉄の間では冬の間休業していたSLがあちこちで運転を再開するシーズンでもあります。

私が鉄道写真を始めるきっかけとなった福島の磐越西線のC57も4月2日を皮切りに運転を再開するとのことでしたので事前にスケジューリングして出かけることに。また今回は東北本線の仙台-福島間で旧型客車5輌をED75電気機関車で牽引する快速〈レトロふくしま花見山号〉が2日間限定で往復するとの事でしたので2日目はこちらの撮影をしようという欲張った日程にしてみました。

今回は前日会社から帰宅後、すぐに藤沢を出発。一気に磐梯山SAまで行って車で2時間仮眠。

その後6時半に起床して恒例の喜多方ラーメンで朝ラー。何軒か回りましたが一番美味しいのがあべ食堂だったので再確認の意味で同店で。やっぱり 旨い! 他はどこも一様に塩辛さを感じることが多いのですがここだけはいいお味!これからはここかな・・・

この後ロケハンをしてから予定している撮影ポイントへ。最近味をしめた?雪山バックの桜付!そうです。ここらへんが現在の桜前線なんです。飯豊山(いいでさん)の残雪がいい感じです。
IMGP1777.jpg
ポイントに向かう途中でもまるでポスターの景色のような場所があちこちに。
IMGP1665.jpg
会津磐梯山もきれいなシルエットで。IMGP1876.jpg

その後今度は新津へ帰るC57を堂島先で。
IMGP1942.jpg
汽笛一声遠ざかっていきます。
IMGP1980.jpg

この日の夜は明日の9時半の撮影に備えてポイントに比較的近い遠刈田温泉の星灯りの宿まほろばさんに。
『遠刈田』は『とおがった』と読む事を後から知りました。とかりだだとばっかり・・・
ここは日帰り温泉に宿をつけたような感じで焼肉施設なども併設して売り出し中の施設のようです。
温泉は2種類の源泉を持っていて掛け流しになっています。ただ日帰りの施設との共用であることや人気があるだけに子連れの客が多い事が賑やか過ぎてすこし厳しいですが。施設はどこも小奇麗でしたし従業員の対応も好感が持てました。
20160417_080054.jpg

翌朝は10時前に撮影ポイントの越河駅を通過する〈レトロふくしま花見山号〉を撮影する為に8:30に宿を出発。
大雨の中、コンビニの駐車場から撮ったのがこちら。
IMGP2024.jpg

この後天候も悪化したため帰宅することに。自宅まで約400km・・・・

熊本を始めとする私の大好きな九州の各地が大変な事になっている時で気が引けましたが予定通りみちのく方面に旅をしてきました。帰りの東北道では災害派遣の恐らく九州へ向かっている何十台という自衛隊のトラックの隊列も見かけました。
20160417_113738.jpg
被災された皆さんが1日も早く元通りの生活に少しでも戻れるよう願ってやみません。









  1. 2016/04/17(日) 19:59:12|
  2. | コメント:0

江ノ電に乗って・・

江ノ電は私の在住する藤沢から相模湾沿いに鎌倉までを結ぶ都会のローカル線?ですが普段は自分にとって利用価値もなく殆ど乗ったことが無い路線です。今回は鉄道写真の幅を広げる意味でも遠くの有名路線ばかりでなく地元にも目を向けてみようという事で桜見物を兼ねてカメラだけもって藤沢から乗車しました。

ローカル線といっても10分か15分間隔くらいでダイヤが組まれていますし全線全駅でSUICAも使えます。ただご存知の通り単線ですしRのきついルートが多いこと、人家に面して(道路上も走る)走っている事などの環境からスピーディーとは程遠いのんびり路線でそれが魅力のひとつでもあります。

今回はあるHPで見た七里ガ浜を走る江ノ電を俯瞰撮影した絵が気に入ってその場所を探してみることに。
IMGP1507.jpg
七里ガ浜駅で下車して海岸線を134号線沿いにぶらぶら散歩しながら江ノ電が来る度に撮影、龍口寺で桜を愛でてから江ノ島駅で藤沢行きに・・。たった3時間ほどでしたが春の旅行を満喫できました。

ここいらはその景色のすばらしさから色々な映画の舞台としても登場しています。
こちらは「波の数だけ抱きしめて」のみぽりん演じるヒロインの自宅があった場所(のそば)IMGP1597.jpg

IMGP1614.jpg
ここは少し古いですが「天国と地獄」のロケで犯人が捕まった場所(のそば)
IMGP1615.jpg
そしてこちらは第47作「拝啓車寅次郎様」の中でかたせ梨乃演ずる典子の元気そうな様子を遠くから見守った後、寅さんと光男と別れるのがこちらの「鎌倉高校前」駅。今はアニメの影響らしいですが中国や台湾の観光客が押しかけて大変なようですが。(この日も結構なひとだかり)
IMGP1598.jpg
ご覧のように人家をすり抜けて走っていきます。中には門のまん前が線路というような家も少なからずあります。IMGP1618.jpg
龍口寺の近辺は路面電車の様相です。
IMGP1651.jpg
龍口寺は桜が満開でした。IMGP1636.jpg
  1. 2016/04/06(水) 17:39:13|
  2. | コメント:0

プロフィール

KEISUKE K

Author:KEISUKE K
温泉や美味しいものを絡めた国内旅行が大好きです。
これまた大好きな鉄道や愛車ポロGTIで暇をみつけてはそんな土地土地を巡っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

旅 (63)
鉄 (34)
寅さん (8)
未分類 (25)
模型 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR