ポロと旅行と寅さんと

ガンブルー仕上げ

ここのところ、モデルガンキットを何個か購入して組み上げています。
昔々、高校生の頃はやったキットでマルシンというメーカーが出しているキットです。もうかれこれ30数年前からの商品ですからロングセラーですね。

昔と違うのは、現在はBB弾を飛ばすエアガン、ガスガンが大勢を占めていて玉の飛ばないモデルガンは一部のコアなファンがついている状況といった点でしょうか。ですから商品自体も店頭にはあまり流通していなく(もっとも模型屋自体があまり無くなってしまいましたが)私も通販で購入しました。

もともとがお宅の血らしく、昔からミリタリープラモ・GUN・鉄道模型の3つのブームが不定期で循環しています。GUNは4年ぶりかな?もっとも前回のGUNブームはガスブローバックといわれるボンベのガス圧でBB弾を発射しながら遊底を実銃さながらに作動させるタイプでした。

モデルガンはそのブローバックを火薬を利用して行います。ガスを利用したガスガンはガス作動の装置を銃の中に仕込む関係で見てくれはともかく中身が実銃とは違う部分が多くなります。(最近は結構リアルですが)

それと決定的なのがモデルガンはカートリッジと呼ばれる実銃でいう弾薬がリアルでその装填・排キョウ作業がトーゼン実銃と同じ動作になりますが、ガスガンはBB弾です。サバイバルゲームをやる訳でもなく部屋の中で一人でこねくり回すにはモデルガンのほうがうってつけです。

話がそれましたが、そのモデルガンの素材にヘビーウェイトという素材をつかっているものがあります。
この素材はプラスチックに一定の金属粉を混ぜることで比重を重くしてリアル感を高めようとするものです。実際通常のプラに比べると若干重くなり触った感じもひんやりしていい感じです。通常のABS素材よりやはり若干お高くなります。それとここからが本題ですがこのヘビーウェイト素材、一定の作業をするとまるで金属のような光沢を放つようになるのです。(合法)
詳しい工程はこちら。結構手間かかります。

私も今回これに挑戦してみました。下地仕上げ完全手抜きの結果ははっきり言って皆さんのようにうまくはいきませんがそれなりな自己満足はできました。
IMGP2529_convert_20150422203151.jpg
1丁目・コルト ガバメント シリーズ70
IMGP2531_convert_20150422203230.jpg
2丁目・ブローニングハイパワーコマーシャル

今後何丁かやっていけば少しは上手くなる?まあ自己満足ですから・・・・
スポンサーサイト
  1. 2015/04/22(水) 21:15:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<プラモ復活 | ホーム | 秩父の煙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KEISUKE K

Author:KEISUKE K
温泉や美味しいものを絡めた国内旅行が大好きです。
これまた大好きな鉄道や愛車ポロGTIで暇をみつけてはそんな土地土地を巡っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

旅 (45)
鉄 (21)
寅さん (6)
未分類 (21)
模型 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR