ポロと旅行と寅さんと

玉子の湯1

仕事柄、年末年始は多忙でしかも大晦日も元旦も仕事です。その前にエネルギー充填の為?温泉に行く事にしました。
かねてからSLの撮影で足を運んでいた福島に高湯温泉という東北では蔵王、白布と並び称される硫黄泉があることを知り行ってみたいと思っていました。

高湯温泉は裏磐梯から福島へ抜ける県道70号線の途中に位置しています。何軒かの温泉宿がありますが高湯温泉発祥の宿らしい玉子の湯にお世話になることとしました。

東京の混雑を避けかつ喜多方で恒例の朝ラーする為、藤沢を5:30に車で出発。10時過ぎに喜多方に到着。
今回は食堂なまえという変わった名前の食堂を選択。いままでと違い市役所よりも駅に近い立地でしたので市役所近くの観光Pに駐車して歩きました。10分ほど歩いて病院の前に名前食堂はありました。Pも4台位はありましたが狭いです。
20151216_112712.jpg
中はテーブル席が15人分位しかない狭い食堂です。今までの喜多方のラーメン店の中で一番狭い!なんとか2人分は席が有りましたので早速注文。ラーメンの他にもうどんやらなんやらメニューがあります。いつものチャーシューメンの大盛をオーダー。ここは麺が普通と極太麺を選ぶことが出来るので横にいた常連のおやじさんが勧めてくれた極太麺を頼みます。5分もするとやって来ました。
1450232056708.jpg
醤油味の太目のシコシコ麺にあっさりチャーシューの乗ったいかにも喜多方ラーメンといった見た目で食べてみるとスープもあっさり。前回のまこと食堂と似た味でやはり若干塩辛い感じ。まことよりは辛くないけど。普通にうまい。でもやっぱりあべが一番か・・。
朝ラー終えて近くにあった三万石の直営店でママドールをおみやに。

この後、今宵の宿である玉子の湯さんへ。
11月の中旬までは喜多方から裏磐梯を抜けて、日本の道100選に選ばれた磐梯吾妻スカイラインを通って高湯温泉に来れるのですが冬季は閉鎖されるので一度福島に戻ってから再度山登りする形になります。

あれれっ!?まだ11時すぎじゃん。 今から高湯温泉に行くと12時半位には着いてしまいちょっと早すぎます。
折角ですから観光Pのおばちゃんに勧められるまま喜多方旧市外の街を少し散策してみることにしました。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/17(木) 20:54:45|
  2. | コメント:0
<<玉子の湯2 | ホーム | 諏訪湖畔にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

KEISUKE K

Author:KEISUKE K
温泉や美味しいものを絡めた国内旅行が大好きです。
これまた大好きな鉄道や愛車ポロGTIで暇をみつけてはそんな土地土地を巡っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

旅 (45)
鉄 (21)
寅さん (6)
未分類 (21)
模型 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR